店主くんの反省

R0010910

夕暮れ時に店内のBGMを入れ替えて、 玄関のスポットライトを点灯し、 スッキリした曲からマッタリした選曲、 今夜はジャズな気分で、 そう想って選んだのは、 ジョン・コルトレーン、 ボリュームは控えめでも、 吹き抜けの天井から抜けてゆく反響で、 今夜は珈琲ではなくバーボンの香りがするだなんて、 トランペットを耳に押し当てられて吹かれても、 目が覚めることない小 …

続きを読む>

今夜も。。。

R0010907

連日と続く晴れ模様、 春の陽射と表現するには早すぎるけど、 時折と感じる春の小粒達が、 受験戦争を打ち勝った小生達に、 やさしく降り注ぐのは、 もう間近であると伝えたくて、 今の時期になると思い出す受験の酷は、 その後に勝ち取った者だけの蜜でもあるだなんて、 試験監督にカンニングがバレないように願う小生を、 今宵も。お許し下さい。 。 。 。 。 。 。 。 …

続きを読む>

あぁ、愛しのブロードウェイ

R0010902

日曜日の南青山-骨董通り、 いつもよりチョット静かな雰囲気で、 首都高3号線-高樹町から降りてくる、 色とりどりの車達が、 営業車のいない空いた道を疾走し、 快音と共に過ぎ去ってゆくのを、 入れたての珈琲を飲みながら見送るのが、 豊饒堂を開店してからの日課になっていて、 中野ブロードウェイから巣立って、 約1年半の月日が経って思う今日この頃、 色んな事があっ …

続きを読む>

まさかの!

R0010878

修理工場からの愛車の帰宅は、 いつもの愛車ではなく、 例えで言うなら愛人的な存在なのだろうか、 そのボディは優雅そのもので、 エンジンから奏でる音は優越そのもので、 ただ、いつもの本妻のようにはいかず、 ボディワックスは最上級を手塗りし、 エンジンオイルは自身が呑む酒より単価は高く、 ひとたび雨が降るものなら真っすぐに帰宅し、 運転テクがなければ帰ると言わん …

続きを読む>

店主くんのバガテルな日

R0010856

今日は、可もなく不可もなく、 そんな、どうでも良かった日、 『どうでもよい』、『なんでもない』 しかし、過去の偉人は表現していました、 その『Bagatelle』(どうでもよい)時間を、 ベートーベン、最晩年のピアノ作品、 『6っのバガテル』は1曲が3分以内に収まる短曲、 しかし、その1音1音、1曲1曲に、 『どうでもよい』は存在していなくて、 ベートーベン …

続きを読む>

ゴヤールくん

R0010813

今日のシュールなブログは、 なにを書こうか、 少々の行き詰まりを感じて、 いつもの様に煙草を吸い、 ちょっと濃いめの珈琲を入れ、 奥のソファーにうな垂れて、 気づけば小一時間の居眠りに、 目覚めの煙草を再び吸い、 さっき観た夢を思い返せば、 そこにはシュールなドラマがあったけど、 もう少し自分だけのドラマで留めて置きたいなんて、 愛する人にキスされなければ目 …

続きを読む>

グランドランゲくん(店主編)

R0010767

銀座に咲き乱れた妖艶の薔薇は、 毎晩、いつも違う艶が重なり合って、 赤や白、桃色に紫色、 はたまたチョコートブラウンも、 だけど綺麗だからって安易に、 そっと手を延ばしてみたら、 すべてに鋭いトゲがあっただなんて、 シャンパンの飛んで来たコルクが、 頭にメリ込んでも目が覚めない小生を、 今日も、お許し下さい。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 …

続きを読む>

後輩へ

R0010763

独りパソコンをイジリ、 今日のシュールなブログは、 何をテーマにしようかと、 社会時事やエンタメに目を配るも、 そこから得る情報は所詮他人事であると、 気分転換に外の空気を吸い込み、 煙草に火を付けてみれば、 様々なドラマを持ち歩いた人達が溢れていて、 そこには沢山のシュールがあったなんて、 過去にポイ捨てした煙草の吸い殻に埋もれて、 焚き火にでもされなけれ …

続きを読む>

カバレットくん(達人編)

R0010723

今日の珈琲はどれにしようか、 コスタリカ、ブラジル、ガテマラ、 いやいや、 今日のように寒く感じる日は、 エル・サルバドルで気分転換しようと、 挽きたての真空パックを開いてみれば、 遠く離れた北米から届いた豊潤な香りに、 すでに心は暖まってしまったなんて、 身体の隅々から豊潤な香り漂う小生を、 今日も、お許し下さい。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 …

続きを読む>

DAYTONAくん(Ferrari編)

R0010720

いつものように1日の始まりは、 愛車の12気筒ツインターボに火を入れて、 調子が良ければ首都高に乗ること、 ほんの一瞬で南青山まで到着してみれば、 エンジンは暖まったばかりなのにと、 ちょっと不満そうな愛車を眺め、 こだわりの取り寄せた珈琲豆を、 ゆっくり、ドリップしていたら、 先程まで法定速度+αで疾走していたと、 すぐにわかるほど乾ききった、 名門ウェー …

続きを読む>

DAYTONAアイボリーくん

R0010687

いつもは時間を気にする事なく、 都内周辺を愛車で疾走することが、 日常的な行動であったのに、 先日の吹雪がキッカケで、 ここ数日の電車移動に戸惑い、 いつもの様なワガママな時間に、 いつもの様なワガママな行動が、 いつもの様に出来なくて、 不満気に電車に揺られて、 ふと車窓から夜空を見上げてみれば、 そこには銀河鉄道の夜があったなんて、 わたくしがロマンチス …

続きを読む>

店主くん

R0010579

昨夜のブログ更新が、 いつもより早かったのは、 わたくしのインスピレーションが、 ギンギンに冴えていたから、 いやいや、ただ夜のお誘いに、 間に合わせる為にと、 必死に時間を詰めていたから、 なにはともあれ、 二日酔いで寝坊したことで、 すべてを把握されてしまう、 未熟者の小生を、 今日も、お許しください。 。 。 。 。 。 。 。 。 久々の二日酔いでノ …

続きを読む>

ラルフローレンさん

R0010576

ビジネスホテルでの目覚めは、 何処かギコチさを感じ、 寝起きのシャワーを早々と浴びて、 チェックアウトすること、 目先には西麻布の交差点が見え、 午前中にみるホブソンズの看板が、 何故だかシュールに想えたのは、 この場所で幾多のバブルと、 その崩壊を観て来たからなのか、 自身も発情期とも言える青春期に、 この街で車のホイールを輝かし、 大人の階段を疾走してい …

続きを読む>

トッズくん

R0010555

吹雪が舞い散った昨日は、 3連休最終日の締めくくりとして、 ホワイト成人式と呼べば、 聴こえは良いのだろうか、 自身も成人式は大雪で、 あの頃を思い耽るように家に籠っていたのは、 我家も含めた近所の雪掻きの準備であったから、 そんな大義名分を自身に言い聞かせ、 休みの口実にしてしまったのは、 立ち往生の末に南青山まで、 辿り着けなかっただけの、 未熟者の小生 …

続きを読む>

トートさん

R0010509

今日は久々に一張羅とも言える、 何年も前から大切に愛用している、 クロムハーツのレザーパンツを履くと決め、 昨夜のうちから準備して、 仕事にレザーパンツだなんて、 いまでこそ許される特権に、 もう何年もスーツが仕事着だったゆえの、 この微妙な緊張感は一体なんなのか、 明日、成人式を迎える新成人達に一言、 『俺もやっと成人になれた気がする』。。。。。 。。。 …

続きを読む>

ケリーさん

R0010485

店の前で煙草に火を付け、 ひと休憩。 目の前の骨董通りには、 どこへ行くのかイタリアンスーパーカーが、 これ見よがしにと金管楽器の奏でる、 旋律のように滑走してゆくなかで、 半世紀前のイタリアンレースカー、 フィアット.アバルト.ビアルベーロが通り過ぎ、 久々に聴く純血のアバルトサウンドは、 荒々しくも滑らかで優しく、 ブルーノートの歴代サックス奏者が奏でる …

続きを読む>

感謝

hojodo-logo

目覚めの煙草に火をつけて、 昨夜のうちに買っておいた、 気の利いた栄養ドリンクを飲みながら、 テレビのニュースで流れる、 今年の成人式の空模様は、 期待に背く曇り空であると、 自分自身の成人式は、 数十年ぶりの大雪に見舞われて、 膝まで雪に浸かったのを思い出し、 ふっ、と微笑んでしまったのは、 わたくしがオヤジの仲間入りして、 ちょっと余裕が出てきたからだな …

続きを読む>

仲間達へ

R0010451

ヒップホップグループ『ケツメイシ』の曲、 『出会いは成長の種』のフレーズに、 こんな一節がございます。 「思えば これだけ生きてきて 俺は何人の人に出会えた描いろう? 願ったような 出会いだろうか? 良い奴ばかりでないだろう 思えば これだけ生きてきて 俺は何人の人に出会えたろう? 描いたような 出会いだろうか? 嫌な奴ばかりでないだろう」 。 。 。 。 …

続きを読む>

豊饒堂でございます。

blog01.jpg

108回の除夜の鐘が鳴り響き、 108の煩悩を捨てることで新たな門出を迎えると、 過去の『おイタ』も消え去って、 愛しの中野ブロードウェイから巣立ったものの、 迷い迷って、 やっとたどり着いたのは、 ここ南青山-骨董通り。 想えば様々なドラマに翻弄されたけど、 いまでは楽しい思い出であったなんて、 シュールな迷える詩人こと、 『おイタの参號』は名を変えて、 …

続きを読む>

go top