Pulsarくん(デッドストック編)

今年もあと2ヶ月と半分、

数十年ぶりの温かい秋は、

小生が心待ちにしている風物詩を、

ことごとく打ち砕く様で、

神田のアンコウ鍋が待ち遠しかったのも、

イタリア風の焼き栗が愛おしかったのも、

法外に吊り上がった松茸の香りは扨措き、

全てが先送りになったのは誰が悪いのか、

愛車のアクセルを踏み続けてきたことが、

温暖化の原因であるとするならば、

もう車には乗りませんなんて、

そんな極端な事は出来なくても、

そんな独りの戯言でも、

次の世代に引き継がせるものは、

なにが大切かと想う今日この頃、

小生の小さな器でしか出来ない努力を、

今日も、お許し下さい。

それでは、参りましょう。

南青山-骨董通り、

豊饒堂の若店主が愛する皆様へ贈る、

楽しい、『豊饒の時間』でございます。

皆様、如何お過ごしでしょうか。

今日も元気に、秋の味覚でございます。(おふっ)

今日、ご紹介させて頂くのは、こちら!

。。。

。。

R0011793

アップは?

R0011799

横顔は?

R0011802

反対は?

R0011805

付属のボールペンは?

R0011818

ペン先は?

R0011813

反対は?

R0011815

ボタンを押す用だね!

時計本体の裏側は?

R0011809

保護シール用の樹脂成分のマニキュアが残ってます!

バックルは?

R0011812

『Pulsar』のPです!

時代背景を感じるデザインです!

R0011819

『Pulsar』 18kイエローゴールド無垢 70年代製 デッドストック品

外箱 内箱 保証書 説明書 付属のボールペン 奇跡の完品

その気になる悶絶の¥プライスは?

???

??

現金特価の¥1,280,000でございます。

気になる方は、この機会に是非ご検討ください。

今はまだ評価が低いデジタル時計ではございますが、

70年代の時代背景を全面に押し出したモデルであり、

そのなかでも18Kを贅沢に使用した特別なモデルでございます。

今後、この時計が値上がりするのかしないのか、

そんな野暮な質問に答える事も無く、

これから先はオークションでしか観る事が出来なくなると、

そんな個人的な意見を伝えて、

今日もシュールに締めくくりましょう。

今日は、三連休最後の日でございました。

皆様は如何、お過ごしになられたのでしょうか。

とても秋とは思えない日々が続き、

いつになった衣替えをするのかと、

そんな予想もつかぬまま、

本州に接近中の台風26号の勢力は衰えず、

今週の水曜日には上陸の恐れだと予想され、

いつもはズル休みのネタとして最高であるのに、

その日はとっても大切な用事があるんだと、

空に向かって声を大にして叫びたい、

ちょっとセンチメンタルな小生は、

桜の蕾もない木の下で、

まだ観ぬ満開を夢見て、

今日も元気に、時計の針を合わせております。

それでは、また次回お会いしましょう!

豊饒堂の若店主が贈る、

楽しい、『豊饒の時間』でございました。

 

 

 

go top