豊饒見聞録

いつもの様に目が覚めて、

今日は何処に行こうかと、

そんな旅人の様な思考を払いのけ、

今日も決まった道のりを行くのだろう。

小生、時には旅に出て男を磨いてこいと、

そんな漢達に可愛がられてたことも、

いつしか社会の渦中で忘れてしまい、

気づけば全て手の届く範囲で生活し、

気づけば全てを知ったかぶっていたと、

そんな小生を、

お許し下さいとは言わずに、

しばらく男磨きに旅に出ていた小生を、

今宵シュールな秋月にかわって、

どうか、お仕置き下さい。

。。。

。。

モーツァルトは言いました、

『旅をしない音楽家は不幸だ。』と。

ならば、わたくしも言いましょう、

『旅をしない小生は不幸だ。』と。

そんな戯言から超久々に参りましょう!

今日、ご紹介させて頂くのは、こちら!

。。。

。。

IMG_1694

どこに行くのかな?

IMG_1691

ここは何処だろう?

IMG_1693

あれ?! 海が見えるポ。

IMG_1463

あれれ?! 地平線が見えるポ。

んっ?! ルート66ってなんだ?

IMG_1692

なんだ?!このオッサン!!

R0012015

っと言う訳で無事に帰って来たポ。

ふぅ〜、長い旅だった。

いい漢になったかな。

。。。

。。

ここでちょっと余談。(全てが余談だけどね)

文頭でお話した漢達に、

こんな偉人がいました。

当時、自身は中学生から高校生になる頃で、

右も左もわからないどころか、

前も後ろもわからない、(どんだけ)

そんな小生が目にした偉人は強烈で、

多分、これからの人生で感じる事は無いと言い切れる程に、

パンチの効いたカリスマが歩いている様な人物でございました。

今想えば何かの縁があったのでしょうか、

当時の小生を可愛がって頂いたのを覚えております。

それから月日は流れて自身の成長と共に、

生活や習慣、環境の変化などから遠縁となり、

再びそのカリスマの名を耳にしたのは、

去年の訃報でございました。

いろいろと心残りなことでございますが、

生前に残された言葉のなかで、

自分が作ったジュエリーが他の人生の旅を共にすることは、

自分自身も一緒に旅をするのだと。

もうすぐ1周忌になりますので、

僕からこの旅の記録を、その方へ捧げたく思います。

。。。

。。

それでは今宵もシュールに締めくくりましょう。

今月は、新入荷品が盛り沢山でございます。

豊饒堂のブログ更新をお楽しみに!

それでは、次回お会いしましょう。

楽しい、『豊饒見聞録』でございました。

。。。

。。

R0012018

go top