アニキの時計

出勤時の車内に流れたピアノ曲、

いつ録音して誰が演奏したかは、

覚えてはいないけれども、

現代のキンキンしたピアノの音ではなく、

そう仏蘭西のショパンが愛したピアノ、

まるでエルメスオレンジのような音は、

PLEYELで奏でるエチュード10-3、

日本語のタイトルは『別れの曲』で、

春の出会いがある前に、

春の別れがあることに今更気づいただなんて、

春一番に吹き飛ばされて、

表参道の坂道を永遠に転がり続けなければ、

目が覚めない小生を、

今日も、お許し下さい。

それでは、参りましょう。

ショパンの『別れの曲』とは日本語タイトルで、

もともとの意味とは違っていると言います、

ならば、わたくしが名付けましょう、

『とってもシュールな曲』だと、、、、

なにはともあれ、

春の巣立ちを心から祝福いたします。

豊饒堂-店主が仏蘭西まで届ける、

とってもシュールなブログ、

楽しい、『豊饒の時間』でございます。

皆様、如何お過ごしでしょうか。

今日も元気に、ショパンでございます。

今日、ご紹介させて頂くのは、こちら!

。。。

。。

R0011103

ROLEX DAYTONA エバーローズゴールド ref:116505

その気になる悶絶¥プライスは?

???

??

超絶お気に入りとのことで、

¥プライスレスでございました。(残念ポ)

こちらの時計の前オーナーは、

実は、わたくしでございます。(あらま)

最近の為替の影響で新品価格は急上昇、

当時は高い買い物をしたと思ったものの、

今では超絶安い買い物であったと、

何故か再びシュールになってしまった、

ほろ苦い想い出の時計でございました。

これからも大切に使って頂きたく思います。(売っちゃダメポ)

ちなみにアニキとは兄弟とか、

そーゆー意味ではございませんので。

(パンチが効いてる時計ってことよん)

R0011125

仏蘭西は何処かな。。。

今日は土曜日でございました。

皆様は如何お過ごしになられたのでしょうか?

わたくしは今月末に発売のファッション誌に向け、

着々と準備しております。(掃除かな)

その内容は近日公開予定でございますので、

今しばらくお待ち下さい。

そんな多忙な日々のなか移り行く人の流れや、

時代の流れを噛み締めて、

新たなる時代の始まりはもうすぐそこであると、

そう伝えたことで今日は締めくくりましょう。

それでは明日も、元気に参りましょう。

世界中に届けるシュールなブログ、

楽しい、『豊饒の時間』でございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

go top